ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

とても気になっていたパン屋さん

f:id:presbyopia:20191008174729j:plain

色んな雑誌などで取り上げられていて、ものすごく評判の高いパン屋さん。

いつか行こう、いつか行こう、と思いつつ、結局行かないと思ってました。

だって、お店の営業時間は12:00〜18:00だし、そんでもって不定休だし、

平日仕事のサラリーマンには御縁が無いかもなぁ、って感じだったのです。

けど、目の前には『クランベリーチョコ』に『カレンズとクルミ』のパン。

と言いますか、カレンズって、いったい何なのですか!

それに、クランベリーとチョコの組み合わせだなんて!!

お店の人に聞けば済む話でしたが、私、恥ずかしがり屋ですから。

まぁ、家に持ち帰れば、全ての謎が解き明かされるのだろう、と。

でも、その前に。

f:id:presbyopia:20191008182438j:plain

左側は、ロールパンです。基本中の基本。いわゆる前菜ですね。

おもむろにカブりつき、パン自体の美味しさを味わいましょう。

ふわふわのモッチリ。塩味はやや強め。私、多分ニヤついてる。

続きまして、特徴的な焼き色のあんパンに手が伸びるのは当然。

あ、右側のヤツです。あんパンっぽく無いけれど。今更ながら。

 

粒がしっかり残った小豆ゴロゴロ

f:id:presbyopia:20191008183941j:plain

あ、全然甘く無い!

すみません。全然とは大袈裟ですが、かなりの甘さ控えめ。

そして、しっとりじゃなく、ホックリした餡子です。

餡子好きには若干物足りないかもしれませんが、何だろう?

朝ごパンに丁度良い甘さというか、とにかく美味い。

モッチリして、ホックリして、やっぱりニヤついちゃって、

思わず口から小豆がポロリ。ほっぺも、ですけれど。

謎は、ナイショにしておこう。

f:id:presbyopia:20191008185108j:plain

あまりに美味しすぎるから、絶対にリピートするだろうから、

クランベリーチョコの味わいだとか、カレンズの正体だとか、

ここでお話するの、やーめた。

ちなみに、これは各地に散らばる何とかボールの一つなので、

ご興味のある方は、探し当てて御覧になっては如何でしょう。

www.logansewingschool.com

残りの玉は、あと6個。

全部揃えば、いろどりも鮮やかに。