ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

タワゴト

どんなときもWiFi

ショッピングモールのフードコートでブログを書くことが目標でした。 本来は、カフェで・・・などと、背伸びしようかと思いました、けど。 コーヒーを片手にピンっとした姿勢でエレガントさを演出するよりも、 自慢の猫背でラーメンを啜りながら画面を覗き込…

愛しのロックフィッシュ

釣りをする人間からしてみれば珍しくもなんともない、極々ありふれた魚達。 餌さえ垂らせば誰でも簡単に釣ることが出来る、文字通りの雑魚キャラ。 それでは御紹介致しましょう。 左上と右下にカサゴさん。 右上はムラソイちゃん。 そして、左下がキジハタ様…

我が青春のバイブル

最初は弱っちい主人公が修行に修行を重ね、 ラストでは達人となって悪者をやっつける。 そんなありきたりの単純なストーリーです。 なのに、これが放映された次の日ときたら、 どこもかしこも俄か修行僧達による演武会。 私は毎回悪者を押し付けられる役目で…

舗本しめ釜の峠『やのぎお』

残念ながら、【舗本】という文字列は意味を持ってナイチンゲールらしいのです。 要するに言葉として成立しておらず、当然そんな地名や人名も存在しない御様子。 じゃあ、そのあとに続く【しめ釜】はどうなのか。 はたまた、とどめの【やのぎお】についても、…

ローガンお裁縫教室移転のお知らせ

私はオギャーと生まれてから高校卒業までを富山県で育ち、 その後はずっと千葉県付近の茨城県で暮らしておりました。 多分、このまま一生納豆まみれで過ごすのだろうと思っていましたが、 諸事情につき、今月15日を以ってこの地を離れることと相成った次第。…

あき缶や兵どもが夢の跡

◆句の意味 『すっかり秋めいた朝の卓上では、無情にも空き缶が転がっているだけに過ぎない。しかし、そこは昨晩、有名無実の裁縫師が技の上達やステキな作品の完成を人知れず夢見た場所。普段の生活では、そんな夢や希望も虚しく一時の雑記に走ってしまい、…

挨拶の価値

例えば、7と11のお店から発売された新商品を当ブログに掲載したと致しましょう。 すると皆様は、美味しそう♪ 自分も試してみたい! と、有り難いお言葉を下さって、 私がそれに対し、尤もらしいセリフを駆使して回答する手筈となっているのでした。 このやり…

小腹って、身体の何処にあるのでしょうか。

散々飲んで食べてきたハズですけど、帰宅した途端に空いてくるのです。 特別何を口にしたいなどと明確な願望はありませんが、最早、制御不能。 兎に角、何かを小腹にブチ込まなければ、決して眠ることは叶いません。 しかも、チーズだったら身体に良いかも?…

51枚目の刺客

先日、たまたま立ち寄ったスーパーにて激安価格だった、よっちゃん丸。 賞味期限も近いことですし、モリモリ食べてしまわなくてはなりません。 おかげさまで、間も無く50本入り中の47本目に差し掛かるところですが。 www.logansewingschool.com これまでの46…

やまざき 白大福 安納芋大福

犬も歩けばY崎に当たる、としても過言では無いほど、格安和菓子で巷を席巻し、生きとし生ける甘党オヤジの幸福をずっと影で支え続けている日本屈指の大手製パンメーカー。 そんなY崎製パンが、またしてもこの私に挑戦状を叩きつけて来たのです。 ・・・おと…

子供でも可能な大人買い、だったのに。

おばちゃん、コレ、全部ちょうだい! ・・・などと、一度でいいから言ってみたかったのです。 いわゆる大人買い。 その実、最も子供っぽいやり方、かも知れませんけど。 とりあえず、今回は二つで勘弁してやりました。 何かの間違いかとすら思う、ビックリ価…

不名誉な人気

例えば高額な備品を購入したり、或いは何かの計画を推進する際など、こんなオヤジでも承認印を押す権利があったりします。 当然、他にも何人か同じような立場の人間もおりますが、客観的に見ると、たいがい私のところへ書類を持ってくるような気がするのです…

確かに一口サイズなのかもしれないけど、結局サクッと全部食べちゃったらバッチリ526kcalを摂取するハメになるので、タイミングを見計らって止めるハズだったのに、の件。

今週のお題「理想の老後」 今週のお題は「理想の老後」 言わずもがな、三口くらいでいとも容易くストップ出来る老人。 いや、そもそも間食しない老人か、或いは全く気にしない老人。 何れにしても、今の私は止められませんし、今日は仕事ですし。 526kcal を…

オ・パッキャラマード

僕の大好きな MacBook Pro 自分で買った Macbook Pro とっても大事にしてたのに 壊れて打てないキーがある どーしよ どーしよ オ アップルストア アップルストア プルプル プププ オ アップルストア アップルストア プルプルプ♩ ・・・って、6月に買ったばっ…

【悲報】消えた一膳限定の十六穀米

唐揚げを肴に十六穀米でも一杯やろうと、久しぶりにあの店へ。 ・・・何だか、知らないうちに、色々あったみたいですけれど。 とても悔しかったので、もち麦の大盛を一気食いしてしまう私。 これはこれで美味しかったのですが、でも、二度と行きません。 そ…

はてなブログの申し子

最近のアクセス傾向について穴があくほど眺めていると、当ブログを閲覧頂いた方の大半が『はてなブログ』関連からお越し下さっていることが分かりました。 かの偉大なる発明家のお言葉を拝借致しますれば、 ローガンお裁縫教室とは、11%の検索流入と89%のお…

間違いの無い進物

はい、ローガンさんの分♡ そんな甘い言葉と共に手渡されたのは、夜の梅。 ※実際は、ポツンとキーボードの上に置かれていました。 切り口の小豆の粒が、夜の闇にほの白く咲く梅の花を思わせることに由来します。 と、箱の裏に説明が書いてある、あの『とらや…

黒のコーヒーポットとカップはタブーなのか?

靴、鞄、ベルト等の革製品。或いは帽子や衣服の様に、ファッションの世界であれば黒は当たり前と言うか、最も無難な色として皆様最低1アイテムは所有されていると思います。 ですが、こと調理器具や食器となれば話は別。 汚れている箇所が分かり難いのは衛…

魔界サボテン

出窓に緑が欲しくなり、その見た目だけで選んでしまいました。 以前、必殺の放置プレイを駆使し、魔界アロエが前代未聞の悪魔じみた大株にまで育ってしまった経験はありますが、それと同じ感覚でコレと接するのは大間違いとの事。 まぁ、難しいお話はよく分…

ワンニャン友好就寝条約

互いの領域を決して侵すコトのない大変友好的かつ対等な不可侵条約。 両首相による協議の上、無事締結の手続きが完了した様で御座います。 めでたしめでたし。 //

Soloist

かつて、寂しいオヤジの代名詞だったソロキャンプ。 近頃では、むしろ出来る男の象徴的なお遊びの一つ。 かつて、誰からも理解されなかったハピネスなのに、 近頃では、楽しまない人間の方が何故かロンリネス。 まぁ、すっかり飽きてしまった私が悪いのです…

悪徳闇鍋奉行

各自好きな具材を持ち寄って、寄せ鍋にしようと誘われました。 その言葉が額面通りだとすると、何を持参しても良いワケです。 誠に僭越ながら、この私めに調理の方も任せて頂けるとの仰せ。 とりあえず、うわべは体裁を整えておきましたので、問題なし。 グ…

黒檀の茶筒

樹木なんぞ、そこらじゅうにあるじゃないか、などと思うなかれ。 木材として使用出来るようになるまで、それはそれは気が遠くなるほどの手間と年月を費やさねばならないのですから。 ましてやこの黒檀、幹の直径が20cm程度となるには150〜200年掛かってしま…

阿佐ヶ谷のうさぎや

全国津々浦々で活躍されている餡子マニアの皆様、まみれていますか?餡子に。 もちろん、私は今日も餡子まみれ、で御座いました。 ご覧くださいませ。 この、ふっくらと粒が立った小豆粒を。そして、滴るほどに瑞々しい餡子汁を。 フワッフワで、モッチモチ…

大中小3点セットの罠

本当は一つで十分なのに、つい揃えてしまいます。 使う使わないは関係ありません。つまり、二の次。 ははぁ、なるほど。だから三点セットなのですね。 ※『二の次』とは二番目に続くと言う意味であり、三番目のことでは無いようですけど。 www.logansewingsch…

深夜のアフォガート

コーヒーにアイスを浮かべればコーヒーフロート。 一方、アイスにコーヒーをかけるとアフォガート。 何れにしても、真夜中の密林には危険がいっぱい。 禍々しいまでの黒き物欲に満たされしマグカップ。 今夜は、僅かに隙間が残っている純白の心の方へ。 悶々…

シチューとスープの境界線

お、今夜は具沢山のミネストローネかぁ、美味しそう。 目が笑ってない笑顔で私が申せば・・・ 違う、コレはピリッと辛いトマトシチューだ、との事。 じゃあ、シチューとスープの違いって、いったい何さ。 などと思いつつ、手を伸ばしたバゲットに齧りつく私…

グロテスク・レヴォリューション

私、思うのです。 これはナマコに限ったことではありませんが、こんな類の食べ物というか生物というか。 いつ、どこで、だれが一番最初に食べたのだろう、と。 イヤ、むしろ、どうして食べようと思ったのか、ソッチの方が興味津々。 よほどの食糧危機に見舞…

超義侠的ポテチ道精神

強きを挫き、弱きを助ける。そんな任侠味溢れる人間でありたい、と、世の男性陣は少なからず願っているワケで御座います。 故に、この様な商品名を目の当たりにすると、思わず食いついてしまうのです。 まるで自分のために売り出されたシロモノじゃないか!…

廃墟の源流

昨日未明、我が家のとある一室にて、これまで苦楽を共にした一台のエアコンがひっそり息を引き取りました。 思えば新築の際に設置した埋め込み式ですから、かれこれ15年以上も働いてくれたことになります。ピコピコと設定温度を変えてばかりで困らせてみたり…