ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

1000文字の呪縛

f:id:presbyopia:20190403202907j:plain

グーグルアドセンスの再審査を通過して以来、私は記事の文字数を一切気にしなくなりました。何故ならば、最低限必要とされている1記事1000字という縛りをほぼ無視し、平均500字程度の駄文を並べ奉った状態でグーグル様へお伺いをたてたにも関わらず、見事に!とまでは申しませんが、とりあえず広告貼り付けの承認を頂く事が出来たからなのです。

つまり、世間様で言われているところの必要文字数とは都市伝説だった!? などと断言するには早計かもしれませんが、この貧弱内容をしてクリアできたという事は、今後余程ふざけたことしなければコンテンツ不足によるペナルティを食らうことはない、とも言えるはず。それだけで随分と心が軽やかになり、スラスラと記事が書けるようになるのです。もしも検索上位を目指すつもりならば、現在のテイタラクぶりでは絶対にダメでしょうけど、まずはモチベーションを上げる方が重要ですから。

とにかくまぁ、今回はそのような事例もあるというお話でした。

だって皆様、アドセンス的な話題はきっとお好きでしょ?

(※本日の文字数:529)