ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

51枚目の刺客

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190925221030j:plain

先日、たまたま立ち寄ったスーパーにて激安価格だった、よっちゃん丸。

賞味期限も近いことですし、モリモリ食べてしまわなくてはなりません。

おかげさまで、間も無く50本入り中の47本目に差し掛かるところですが。

www.logansewingschool.com

これまでの46本と同様、串に刺された四角が私のセクスィーな口元に近づいて、

今まさに47枚目の餌食とならん、その刹那!

何やら黄金の指先に違和感が走ります。これはおかしい。イヤ、お菓子だけど。

 

いよいよ乱視になったのか?

f:id:presbyopia:20190925222810j:plain

いぶかしげに眉間の皺をピクつかせ、近づけたり離したりとピントを合わせます。

ふーむ、どう見ても、2枚刺さっている感じ。

なんの確認にもなりませんが、何故かクンクン匂いを嗅いでみたりも致しました。

ビュンビュン耳元で振ってみれば、風切り音の違いを感じ取ることが出来るかも。

プニっと唇でハムハム。チロっと舌先でレロレロ。すると、やっぱり2枚なのです。

老眼、遠い耳(都合の悪い時だけ)、不器用な指、フガフガの鼻、馬鹿舌・・・。

その卓越した五感の全てを研ぎ澄まして検証を重ねた結果、51枚目であると断定。

プスっと串に刺さった2枚の四角だけに、さよならパクパクまた来て刺客、などと、

年代がバレてしまう言葉遊びで塩分摂取過多を誤魔化そうとするオヤジですけど。