ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

理想と現実

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190418211008j:plain

コーヒーと言うものは、豆の挽き方ひとつで味が随分と変わるそうです。ドリップ方法や焙煎度合ごとに適した粒の大きさを吟味し、且つ如何に均一な粉で揃えるかが腕の見せどころ。この部分に拘りを持つことは違いが分かる男への第一歩であり、当然、私が目指すべき理想像の一端を担っていることは間違い御座いません。

いずれにせよ、本日客先で淹れて頂いたインスタントコーヒーと呼ばれし世紀の大発明に敬意を表するとともに、やはり挽きたての豆はひと味違いますね!と、おもてなし下さった女性に対し、堂々たる姿勢で申し伝えておいたことを御報告致します。

どうやら、私は何かが違う男。