ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

断捨離する前に、サイズのお直しをやって見よう!

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190203080243j:plain

そのシーズン中に一度も着てもらえなかった服にとって、タンスの奥底から這い上がって再び日の目を見ることなど・・・それは決して叶わぬ夢なのです。

でもまぁ、ファッションは流行り廃りが激しいですし、まして日本人は飽きっぽいですから、仕方がないと言えばそれまでなんですけど。

という訳で、デザインや生地的な問題というのは中々解決できそうにありませんが、

「サイズが少し大きいなぁ~」とか

「ゲッ!こんなところに穴が空いちまっているぜ!?」

みたいな感じな理由で着なくなったのならば、ひょっとすると何とかなるかも?

一方、「太ってキツクなっちゃったあ~」

は、難しいかもしれません。生地の量は増やせませんからね。

 

f:id:presbyopia:20190203080310j:plain

ちなみに私、チビスケです。おまけに痩せています。唐突で申し訳ありませんが。

なので服のサイズはメンズならばXS~S。

場合によっては、それでもブカブカなんです。

イチバンの理由は肩幅!

既製品だと大きくて肩がだらーんとなってしまい、なんだかだらしなく見える・・・。

いやまぁ、実際の性格は確かにだらしない、ですがね。

 

 

f:id:presbyopia:20190203080257j:plain

しかし、この肩幅って服のシルエットを決めるすごーく大切な要素らしく、ココが合っていないと・・・つまり自分に似合わない服だと感じてしまうことが多いようです。

ええ、確かこのお洋服もそうだったんですよ。

買う時は興奮してて気が付かなかった・・・

イヤ、気が付かないフリをしてたのかも。

でも、ダメですね、結局。

家に帰ってファッションショーを催した時、鏡の前で我に返るのです。

そうやって、数々のお洋服がタンスの奥底へと追いやられてしまうのでした。

 

f:id:presbyopia:20190203080526j:plain

どーせ着ないのなら、このまま捨てられしまうのなら・・・

一念発起してサイズのお直しをしてみることに。

やってみると、おや?なんとかなるものですねぇ。ってな出来栄え。

ミシンでカタカタ直したのは、肩と袖。とりあえず今回はコレで勘弁してもらいます。

さて、今後何着のお洋服を断捨離から救えるのでしょうか。