ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

パンパカパーン!

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190417202929j:plain
初めてのパン屋さん、何故か入店するのを躊躇してしまうのは私だけ?

正確に言いますと、ずっと気になってて何時か立ち寄ろうと近くを通るたびに思うものの、何だかんだ理由をつけて結局行かずじまいで終わってしまう、みたいな感じ。

そのくせホームページなんかはマメに調べて、あ、このパン美味しそう♡などと、その時は結構盛り上がるんですけどね。

珍しく気分がノリノリで今日こそはと意を決してお店に入ったけれど、店内の何処を見渡してもお目当てのパンが無い! なんてのも良くある事。そんな時、ショボーンと自分の不運を呪わずに、むしろ普段選ばないようなモノを試すチャンスだと自分に言い聞かせ、即座に気持ちを切り替えることが大切です。さもなくば、じゃあ明日の朝食にでも・・・と、まだ冷凍庫に他のが沢山眠っているハズの食パンに手を伸ばしかねません。これぞ消極的に歳を重ねた男の典型的な行動パターン。

どうか皆様、これからは、何も入っていないトレイを持ったまま沈痛な面持ちで店内を徘徊する、そんな寂しい男の怪しい姿に何卒御理解を示して頂けると幸いです。

 

f:id:presbyopia:20190417202948j:plain

今日は、クランベリーチーズ。

全粒粉のパンにクリームチーズとクランベリーが包み込まれていました。全粒粉パンもクリームチーズもクランベリーも私の大好物。でも、この組み合わせは・・・。

海外では珍しくないどころか、むしろ当たり前のことなのかも知れませんが、私にとってチーズと甘い物のコラボレーションはどちらかと言うとゲテモノ的な扱い。故に意中のパンを見つけることができたなら、絶対目に入ってこないだろうシロモノ。

しかし、事実は小説より奇なり。

僅かな歯車の食い違いが、この運命を私に引き合わせたようです。

ネガティブシンキング続きだった私が勇気を振り絞ったポジティブな選択。昨日だったら、明日だったら、きっと手にすることは無かったと思います。

そんな偶然を口の中へ迎え入れた瞬間、頭の中でそれはそれは美しい音色の鐘が鳴り響きました。

多分、しばらくはクランベリーチーズにバカの一つ覚え。