ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

カペリン

f:id:presbyopia:20190407205504j:plain
これは何の変哲もない『子持ししゃもフライ』ですが、良く見ると材料名は『カラフトトししゃも』とあります。カラフトとはモチロン樺太のことですから、普通に考えるとオホーツク海あたりで水揚げされた『ししゃも』の一種なんだろうなぁ、と思う訳です。

で、まぁ、今からお話することは既に周知の事実なのでズバリ結論を申し上げますと、実はこの『カラフトししゃも』こそ我々がずっと慣れ親しんできた『ししゃも』そのもので御座いまして、最近になって『本ししゃも』などと呼ばれている本物の『ししゃも』とは同じキュウリウオ科ではあるものの、その中でも結構遠い位置関係にある全く別のお魚だったのです。英語名では『カペリン』と言いますが。

 

f:id:presbyopia:20190407213821j:plain

もう、ここまで世間に正体がバレているのですから、いっそのことカペリンで統一すればいいと思うんです。何より、無理してまで『ししゃも』にこじつける必要が無いくらい美味いお魚なんですし。まぁ、今となっては高級魚になった『本ししゃも』にあやかりたい気持ち、仮に私が商売人だとしたら分からなくもありませんけど、ね。

余談ですが、ワカサギも同じように遠い位置関係のキュウリウオ科。つまり、カペリンを『カラフトししゃも』と呼ぶことは、ワカサギを『琵琶湖ししゃも』とか『霞ヶ浦ししゃも』という名で売り出している様なものなのか・・・。

あ、そうそう、『本ししゃも』って、サケみたいに海で育って川へ遡上する魚なんですって。遡河回遊魚(そかかいゆうぎょ)と言うそうです。カペリンは海水魚。生態も全然違いますね。

 

※一般的には『本ししゃも』の方が一枚上手の味と言われているようですが、私はそれぞれに別の良さがあるように感じておりましたので、文中では同レベルの扱いとなってしまっていることを御了承願います。