ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

同じ価格帯ならば、日本製の方が高品質?

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190728191431j:plain

そりゃあ、まぁ、海外ブランドのお品なんて日本まで運んで来る輸送費なんかも乗っけた上での価格設定でしょうから、日本製の方がコストパフォーマンス的に有利なのは当然、と言ってしまえばそれまでなのですけど。

でも、ソレって結構大きなアドバンテージ、ですよねぇ。

実際に使用してナンボ

f:id:presbyopia:20190728194557j:plain

所有欲こそ存分に満たしてくれる舶来品ブランド、どちらかと言えば見ため重視的な感が否めず、使い勝手は案外悪かったり致します。更に、値段の割には作りがちゃっちい場合も多かったりして、お部屋に飾るなら申し分ない品質でしょうが、いざ持ち出して見ると、アレ?みたいな思いをするハメになるのでした。

私なんぞはかなり背伸びをして購入するものですから、とりわけ大事に大事を重ねて扱うあまり、本当に飾るだけで実用しない貧乏性が炸裂することなんて日常茶飯事。

やっぱり、気軽に使えるのが一番ですって、本当に。

と、言うことで、コレが普段使いの日本製クラッチバッグ。

 

『持ち歩く』と『肌身離さず』は別物

f:id:presbyopia:20190728200559j:plain

普段使いのクラッチバッグと同じメーカーの長財布と小銭入。お色は、コケミドリと紺色で御座います。

クラッチバッグと同色であるコケミドリの長財布は鞄の中に隠れていることが多いため、傷なんかも少なく比較的綺麗な状態。なんなら2〜3日くらい目にしないこともしばしばであり、恐らく無いと困るのでしょうけど、毎日持ち歩いている割にはあまり役に立っていないような?

一方、紺色の小銭入。ほぼズボンのポケットに入れっぱなしなので結構なクタクタ加減。勿論、お手入れは頻繁に行ってますが、相当雑な扱いをしてるかも? けれど、そうやってガシガシ使うのが財布ですから。そのぶん愛着はハンパ無いですし、とても大切な存在。

ソレなりの物をソレなりに使う

f:id:presbyopia:20190728210819j:plain

時に、つい最近どエラい無理をして舶来品の鞄を購入してしまいました。

www.logansewingschool.com

ものスゴくお気に入りですし、一生大切に使おうとも思っております。ですが、雨の日はどうだの、荷物が少ない時はこうだの、そんな感じで貧乏性は相変わらず。結局、何時も持ち歩くのは、やはり普段使いのクラッチバッグ。

一応、肌身離さず、の、つもりで購入するのですが、実際に使って見ないと分からないのも事実でして。

何れにせよ国産ブランドについては、ソレなりの価格であれば十分な品質が得られることだけは間違いないと思う、ワケなのです。