ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

通勤グルメ

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190629160017j:plain

先週の土曜日。数年ぶりに足を運んだ湯島にて名店の味を堪能した私。

www.logansewingschool.com

ですが、こと大好物のドイツパンと餡子菓子に関して言えば、何も都内の有名店まで行かずとも通勤途中に素晴らしいお店があったりします。

ただ、閉店時間があまりにも早いので、平日には無理なんですよねぇ。

ドイツパンマイスターのお店『アムフルス』

f:id:presbyopia:20190629170230j:plain

皆様ご覧くださいませ。ライ麦100%のパンで御座います。

使う分だけをその日に挽いたライ麦粉で焼く大変香り高い逸品。

鼻から抜けるようなスッキリとした酸味、噛みしめるほどに感じる奥深いコク、そして、ロッゲンブロートにありがちなボソボソ感は微塵もなく、むしろしっとりとした味わいに思わず唸らされます。

2019年6月29日現在において、私のライ麦パンランキングで堂々の第一位。

とにかく、めちゃくちゃ美味しいのです。

ライ麦50%のクルミブロート

f:id:presbyopia:20190629173327j:plain

元々、このパンが食べたいと思ったことが始まりだったのですけど、私が行く時間にはいつも売り切れ。本日入店5回目にして、ようやく購入できました。

www.logansewingschool.com

当然、お味は抜群です。

ライ麦100%より、万人受けするのはコチラの方でしょうね。

 

本当は教えたくない隠れた名店

f:id:presbyopia:20190629174544j:plain

とりあえず、都内で美味しいと目されるものは一通り口にした私。

その上で申し上げます。

このお店のどら焼き、関東一だと思いました。

特筆すべきは皮のモチモチ感

f:id:presbyopia:20190629175917j:plain

モッチリなる歯応え、ともすればギュッと詰まったような重さを感じる場合がありますけど、これには全く無縁のお話。最初はふんわりと歯を受け入れるのですが、中頃から徐々に抵抗し始め、餡子に到達する間際に最大値を迎え、そして潔く歯から離れるのです。

あぁ、なんという快感。

雑味のない凛とした甘味

f:id:presbyopia:20190629181944j:plain

丹念に炊き上げたであろう餡子は非常に滑らかな舌触り。エグミや青臭さもなく、しっかりとした甘さながらも大変上品な味わいです。自己主張せず、それでいて力強い風味と食感の皮をしっかりと受け止める存在感。

この皮と餡子のハーモニーは正に絶品。

そんな『和生菓子 細井』さんのどら焼きでした。