ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

クロコダイルとアリゲーター

f:id:presbyopia:20190412053607j:plain

皆様、ワニを英語で何と訳しますか?

私はずっと『Alligator(アリゲーター)』だと思っていました。

いやね、何でこんなことをお話するかと言えば、断固として『Crocodile(クロコダイル)』だと譲らない同僚がおりまして。もちろん教えてあげましたよ? クロコダイルはワニの種類であって、ワニ自体を意味する単語ではない!と。それはもう、自信満々に。

でも、ゴメンナサイ。どうやら、両方ともワニの種類だったようです。

調べたところによれば、Crocodile(クロコダイル)とはワニ目クロコダイル科に属する大型のワニ。一方、Alligator(アリゲーター)はワニ目アリゲーター科に属するクロコダイルよりも小型のワニ。それ以外でも、南米には『Cayman(カイマン)』、インドにも『Gavial(ガビアル)』という種類が存在しますけど、とりわけ英語圏に多く生息するクロコダイルとアリゲーターがワニの英語名として一般化されていったらしいのです。つまり、クロコダイルでもアリゲーターでも間違いではありませんが、皮革として最高級なのはクロコダイルですし、某有名アパレルブランドも確かクロコダイル、そんでもってダンディと言えば当然クロコダイルであることから考えると、世界的にはクロコダイルの方が通じやすいのかも知れませんね。