ローガンお裁縫教室

オヤジのオヤジによるオヤジのためのお裁縫教室

人生で初めて読破した小説

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20200308162231j:plain

たしか高校二年生の夏だったと思います。山岡荘八の織田信長を読み切ったのは。

それまでだってソコソコの冊数に手を付けていましたが、とにかく続かなかった。

最初は結構イイ感じでページをめくるものの、だんだん読むのがおっくうになる。

でもまぁ、これって小説だけじゃなく、本全般に対して当てはまる私の性質です。

一方では、いったん気に入っちゃうと、しつこく繰り返して読んでしまう習性も。

www.logansewingschool.com

多分、読書好きって、あらゆるジャンルを幅広く、数多く、なのだと思います。

私、きっとそれは無理。好きな作家や作品だけで精一杯だし、数もこなせない。

つーか、読みたい!というよりは、読まなきゃ・・・な本の多いこと多いこと。

だとしても敢えてちょっかいを出すべきなのでしょうかね。読破出来ないのに。

いつか読もう、の、いつかが来ないまま、いつか読まなきゃの本は山のごとし。