ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

まずめ

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190714175704j:plain

海を泳ぐお魚さん達も朝と夕方にはお腹が空くようでして、その時間帯になれば、我こそはと目の前の餌に食らいついて行くそうです。

そんな日の出と日の入りのわずかな間を『まずめ』と呼ぶらしく、釣り人達は好釣果を狙うため、こぞってこの潮時に釣り糸を垂らすとの事。

奇しくも今日の夕まずめ頃に近所のスーパーを訪ねたところ、通常価格598円のお刺身が200円という破格のおつとめ品として陳列されておりまして。

俄然活性が高くなった私は、人を押しのけ引ったくるように食いつくのでした。

当初手間の掛からない弁当でも買って帰るつもりが、お陰様で飯を炊くことに。

それどころか、あまりの興奮ぶりに朝まずめ用の食事も買い忘れてしまう始末。

かくも広大な大海原には沢山の餌があるというのに、どうしてあんな胡散臭い釣り餌に食いつかなければならないのか、何てバカな奴らだと思っておりましたが・・・。

なるほど、そういうことか、などと、何となく釣り上げられるお魚さんの気持ちが分かったような、分からないような。