ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

ただ焼いて乗せただけの丼

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190526194752j:plain

まずは御飯を炊くところから始めます。

水気が少なくなるまでは、蓋をしないでグツグツさせながら火にかけましょう。

火加減ですけど、始めがチョロチョロで、中はパッパが理想らしいです。

つまり、最初は弱火で徐々に中火にする、という事だと思いますが・・・。

まぁ、そんなものは気にしないで、適当に茹でる感じでOKかと。

 

f:id:presbyopia:20190526195132j:plain

頃合いを見計らって蓋をしましょう。

そして、この辺りから少し集中しなければなりません。油断すると焦げますから。

鍋底からチリチリと音が聞こえ始め、香ばしさが漂いだしたら火からおろすのです。

 

f:id:presbyopia:20190526200524j:plain

すぐさま布切れで包んで蒸らします。

勿論、時間などはアバウトで構いません。

とりあえず、あとは待つだけ。

その間に、次の調理を致しましょう。

サニーサイドアップ

f:id:presbyopia:20190526201034j:plain

片面焼の目玉焼きをそう呼ぶそうです。

太陽の側が上面、直訳するとそんな意味でしょうか。ちなみに、ひっくり返すのはターンオーバー。これはそのまんまですね。

今回のただ焼いて乗せただけの丼につきましては、出来ればサニーサイドアップでお願い致します。多分、その方が美味しく召し上がって頂けると思いますので。

緊張の一瞬

f:id:presbyopia:20190526201603j:plain

上手く炊けているかどうか、ドキドキしながら蓋を開けました。

この瞬間って、炊飯器でも同じですよね。自分としては間違いなく目盛り通り水を入れたつもりなのに、炊き上がったらグチャグチャ・・・なんてことは、誰しもが経験していること。そんな経験が多ければ多いほど、心拍数が上昇する訳です。

どうやら、今回は上手く出来たみたい。

 

 

それでは、on the rice.

f:id:presbyopia:20190526202428j:plain

何気に、この時が一番気を遣うかも。

乗せた位置に納得できないとズラすことになるのですけど、その際に崩れてしまう恐れがあるからです。ブログなんかを書いて無ければ気にしませんが、やっぱりホラ、インスタ映え的なことが物凄く重要になりますからね。

ですから、とても大切な作業なんですよ。on the rice.って。

目玉焼き丼の完成!

f:id:presbyopia:20190526203908j:plain

世のオヤジ達は、こぞってこう言います。

「え、料理? 目玉焼きくらいなら」

・・・と。

ソレって卵を割って焼いただけぢゃない! そんなモノ、料理とは呼ばないからね!! の様な台詞を決して口にするなかれ。

ますます何もしなくなるオヤジに拍車が掛かるだけなので。 

まぁ、それはさておき、味付けは如何いたしましょうか。

やはり醤油が王道?

f:id:presbyopia:20190526210258j:plain

色々と御意見もおありだとは存じますが、私は断然醤油派です。

ちなみに、目玉焼き単体で食べる時はトマトケチャップで、パンに乗せるとマヨネーズだったりします。

その時の気分によっても変わりますけど。

そして何故か心の中で叫んでしまう。

f:id:presbyopia:20190526211344j:plain

グハハハ、こうしてやる!!

コレって、私だけ?

恐らく相当興奮しているのだと思います。

なので、早く食べましょう!

ハイ、あーん♡

f:id:presbyopia:20190526211551j:plain

あ、ココが一番美味しい部分です。

何の変哲もない目玉焼きをそのまま御飯に乗せただけですが、ここまで御覧になってしまった以上、きっと食べたくなったに違いありません。

料理とは呼べないなんて言いつつも、生唾ゴクリですよね、コレ。