ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

またの名を魔界草と言う。【ドクダミ科ドクダミ属】

f:id:presbyopia:20190415211655j:plain

皆様、いよいよやってまいりました。雑草の中の雑草であり、泣く子も黙るどころか創造主でさえも閉口させる、まさしく雑草神と呼ぶに相応しいあの忌まわしき『ドクダミ』が猛威を振るう、この季節が。

引っこ抜かれて踏みつけられようとも、雨が降ればニョキニョキと力強く復活し、これでも食らえ!とばかりに除草剤を撒き散らす行為を嘲笑うがごとく、いつの間にやら草花の陰に潜んで機をうかがうしたたかさ。土をいじる人間からすれば、もはや手の施しようがない悪魔の草。

そして、繁殖力だけならまだしも、かの悪臭王として名高い『カメムシ』と双璧をなすほどの強烈な香り。撮影しているそばから部屋中がエライことになっているのは言うまでもなく、ひょっとしたら御覧になっておられる画面越しからでも皆様へこのドクダミ臭をお届けできるのではないかという、そんな勢いすら感じてやみません。まだ産声をあげたばかりのベビー雑草神だというのに、全くもって末恐ろしい。

しかし、だったら外で写真を撮れば良かったじゃないか!?と、誰もが言いたくなるようなお言葉に耳を傾けている猶予は御座いません。何故ならば、今週末にもこの強大な敵と立ち向かわなければ、たちまち我が家の庭が魔界と化してしまうのは目に見えているのですから。

皆様、ついにその時が来たようです。

ひと振りすれば全てを薙ぎ倒すと伝えられし勇者の鎌を探し求めるべきか。

はたまた、見渡す限りを枯れ果てさせる禁断の秘薬に魂を売るべきなのか。

何れにしても、人知を尽くす終わりなき戦いは、今まさに始まったばかり。