ローガンお裁縫教室

オヤジのオヤジによるオヤジのためのお裁縫教室

鉄のフライパン

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20200404184231j:plain

個人的に『焼く』という調理法は最終手段でした。

何故ならば、所有しているフライパンが鉄製だったから。

勢いで購入したまでは良かったものの、なんだかイロイロと面倒くさい。

えーと、日々のお手入れ、ではなく、最初の一歩が、です。

www.logansewingschool.com

まずはゴシゴシ洗い倒しましょう。

f:id:presbyopia:20200404184810j:plain

金タワシとクレンザーで容赦無く。と、いった具合に。

中性洗剤をつけたスポンジで優しくと指示されてた気も致しますが、問答無用。

とにかく、力一杯ゴシりました。

塩とクズ野菜?

f:id:presbyopia:20200404185913j:plain

塩にどんな意味があるのか分からないまま、一掴みほど。

そして、本日のクズ野菜はジャガイモと大根の皮、あとは大根の茎っぽい部分。

当然のことながら、なんでクズ野菜が必要なのかも調べておりません。

まぁ、しのごの言わず、鍋底へ1cmぐらい油をブチまけ、弱火にかけるべし。

掟破りの20cmと28cm同時シーズニング。

f:id:presbyopia:20200404190713j:plain

二刀流ならぬ、二フライパン流です。

漢字の『二』がカタカナの『ニ』に見えなくもありませんけど、全く影響なし。

将来の夢は、右手でハンバーグをジュウジュウしつつ、左手で目玉焼きを焼くこと。

そんな未来に胸を弾ませ、野菜が茶色く炒まるのを待ちましょう。

地獄絵図

f:id:presbyopia:20200404192247j:plain

ガスレンジ の周りは油まみれ。部屋中が油臭い。本当に最悪最低。これぞ油地獄。

こうなることが分かっていたからこそ、ずっと避けてたという事実。

でも、二フライパン流を開眼するためには致し方ない犠牲と思うことにします。

ローガンは『焼く』をおぼえた!

f:id:presbyopia:20200404193032j:plain

焼ならした後は中性洗剤で洗い流し、空焼きで水気を飛ばしたら再び油を塗れば完成!

その代償は余りに大きかったですが、お陰で非常に強力なスキルを入手出来ました。

既に『茹でる』と『蒸す』は修得済みですから、一応、これで一人前の調理戦士?

www.logansewingschool.com

 

暗黙の了解

f:id:presbyopia:20200404194251j:plain

最初に鉄のフライパンを試す際、焼くのはビフテキであると義務付けられています。

これは決まりなので仕方ありません。これが世に言う、鉄の掟。

今回は、ドーーン!と500gのアメリカ牛。これで800円でした。部位は不明。

ですが、価格の割に美味しそうな雰囲気を醸し出していやがる。

それも2食分だし。※流石に半分しか食べられません。

お隣にいらした3倍以上の値札を身に纏う黒毛和牛様などは、無視してやりました。

www.logansewingschool.com

この音をお伝えできないのが残念です。

f:id:presbyopia:20200404200921j:plain

ジューーウッ!!

まさに会心の一撃が繰り出されたかの如き効果音でした。

凄まじい破壊力。

絶対美味いヤツです。

間違いありません。

ちなみに、焼き方はミディアムが好みの私。

もう一つの、暗黙の了解

f:id:presbyopia:20200404201317j:plain

言い忘れましたが、味付けは塩コショウのみしか許されておりません。

ただ焼いただけなのに美味しー♡とか、

肉本来の旨味が引き出されてるぅ!!などと、

最後の決め台詞は決まっているから、ですけれど。

予定外のレア、だとしても。

f:id:presbyopia:20200404202238j:plain

ただ焼いただけなのに美味しー♡

肉本来の旨味が引き出されてるぅ!!

おっと、最後に申し上げておかなければ・・・

以前、塩コショウのみで味付けされたガチンコのポークソテーに対し、

へぇ、美味しいビフテキだね〜♪

・・・の、決まらない台詞で相手をドン引きさせたのは私です、が。