ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

鳴くよカラス平安京

f:id:presbyopia:20190316191012j:plain

時の桓武天皇が長岡京から現在の京都市街にあたる山城国葛野・愛宕両郡の地に遷都したのは、西暦794年(延暦13年)のことだそうです。

これが約1000年あまりも続いた帝都、平安京の始まりなのですが・・・

今回のお話は、それから約1200年後となる西暦2019年3月9日のこと。

それは、千葉県船橋市のとある場所で起きた出来事です。

この地では、多くの男達が週末の夕暮れ時になるといつも決って大声で鳴き始めるカラスに見下され、まるで何かを探し求めるかの如くオケラ街道と呼ばれる一本道をただひたすら人生の終着駅へ向かって歩き続けると言われています。

本来であれば私もその愚かな集団の一人として、こうべを垂れながら奴隷のように重い足取りであてもなく彷徨うハズでした。

んが、しかし!

ホー、ホケキョ。

コレを外したら後がない状況下に 7→9→4ウグイス平安京で大的中!!

長い長い冬も終わりを告げ、ようやく春が訪れたのです。

・・・しかし皆様、未来永劫続く都など何処にも御座いません。

悪銭身につかず。こんなマグレを経験したばっかりに・・・。

そんな過ちを犯さない為にも、私にはやはりカラスがお似合いなのです。

あ、やっぱりキツツキの方が良いかな?

人生、コツコツコツコツコツ・・・・・