ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

魔界ソーダ 堕天使風味

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190503075751j:plain

神学に造詣が深い訳では御座いませんので迂闊に滅多やたらなことは申せませんが、そんな私でも堕天使ルシファーの名前くらいは存じ上げております。

ラスボス級の存在であるのは疑いようが無く、私ごとき雑魚キャラが堕天使の長であらせられる御方についてピーチクパーチク知ったかぶりするなど、決して許されるハズが無い!のですけど、そこはブログですから、とりあえず色々調べてみました。

が、やはりこの件は、にわかに知識を得た程度でお話して良い領域とは到底思えず、僅かな誤解も不適切と考えましたので、今回は控えさせて頂けると幸いです。

・・・などと、一応前置きした上で、ここからが本題。

そうです。先日お話しました例のアレ。

www.logansewingschool.com

おかげ様をもちまして当魔界では大好評を博し、各所の魔界ショップでは売れ切れ続出の大騒ぎとなっております。

これに味をしめた一部の悪魔たちは、更なる売り上げを狙って新商品の開発を急ピッチで進めており、この一大ブームを完全に掌握すべく、通称デビルフォレストの深奥部で極秘裏に蠢いているとの情報を掴みました。魔界の最高機密事項ということもあり、無敵のセキュリティでガードされた最新鋭の施設かと思いきや、何とそこら辺のあばら家で研究開発が行われているらしいのです。ほんマカイな!

・・・オホン。えー、それでは、その潜入結果を報告致します。

魔界草が蔓延るデビルフォレストにて

f:id:presbyopia:20190503075809j:plain

なるほど。これが噂の魔界草ですか。

あれ? 確かこの場所、ゴールデンウィークまでには除草される地域と聞き及んでいたのですが、おかしいですね。未だ悪魔の如くワラワラと生えまくっております。心なしか大きく成長している気も致しますし。

まあ、いいでしょう。魔界では約束を反故にするなど良くある話です。

www.logansewingschool.com

えー、改めまして皆様。これが新商品の目玉成分、魔界草で御座います。現在開発中のドリンクには、この悪魔じみた雑草のエキスがふんだんに使用されているのです。

そんな滋養強壮、不老不死・・・もとい自妖狂騒、不労不資のダークな効果が期待できる魔養素をタップリ含んだこの液体、ビッグバン並みのギガブレークを願い、畏れ多くも大魔王と目されるルシファー様にちなんで堕天使風味と名付けさせていただいた次第。

取り出したるは、悪魔の壺。

f:id:presbyopia:20190503075834j:plain

如何でしょう。実に禍々しいオーラに満ちた魔界の逸品。

堕天使風味を名乗る以上、相応の香りを求められるのは当然ですが、そうなってくると単に魔界草エキスをコップにブチ込むだけではダメだそうです。研究に研究を重ねた結果、この様に魔道器的な雰囲気を醸し出した壺の中で魔界ソーダと魔界草エキスを混合し、後は企業秘密の呪文を唱えることで、ようやく新製品の『魔界ソーダ 堕天使風味』を召喚出来る、というのが開発者の言葉。

心して飲むべし。

出来立てホヤホヤの魔界ソーダ、ついに試飲する時がやってまいりました。

最初は、えー、本当に飲むんですかー、みたいな女子アナ風のリアクションでこの場をもっと引っ張るべきか迷いましたが、これまでに随分と字数を要しており、悪魔ならまだしも、生身の人間であらせられる皆様の中には、辟易してボチボチお帰りになられた方もいらっしゃるでしょうから、ココはマキでまいりましょう!

では、早速・・・。

f:id:presbyopia:20190503120502j:plain

えー、コレ、本当に飲むんですかぁ~♡

※信じ難いかもしれませんが、この魔界ソーダ、結構イケるかも。私、意外と好きな感じ?

ですが、間違いなくおススメ出来ませんので、御興味のある方は自己責任で宜しくお願い致します!