ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

MacBook Pro 2019 が到着!

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190601155824j:plain

えーと、13インチの方で御座います。

あまりの性能差に15インチと随分迷いましたけど、初志貫徹で小さいヤツに決めました。そもそもMacBook Pro自体が私にとってオーバースペックなパソコンですし。

箱が既にカッコいい!

f:id:presbyopia:20190601161747j:plain

まぁ、なんと申しますか・・・。

シンプルを通り越して手抜きとすら思える外箱ですが、どこからどう見てもカッコイイとしか思えないのです。

色はシルバー。

f:id:presbyopia:20190601164212j:plain
大半の購入者がスペースグレイというガンメタっぽい色を選択されるようですけど、私はシルバーにしました。と言いますか、シルバー以外は考えられなかった、といった方が正しいかも知れません。

その理由は、次の機会に。

英語配列(US)キーボード

f:id:presbyopia:20190601164611j:plain

コレ、完全に見た目だけで選びました。

かな入力をする予定など今後もありませんし、何しろアルファベットだけのスッキリとした文字配列が素敵だなぁ、と。

 開いた瞬間に初期設定が!?

f:id:presbyopia:20190601165443j:plain

世界中にMacBookユーザーは星の数ほどいらっしゃいますが、庭先で初期設定をおっぱじめるのは少数派だと思います。雨が降ればイキナリお釈迦になる可能性も御座いますし、風が吹いて砂ボコリが舞えば、デリケートなキーボードはたちまちサポートセンター行きとなるでしょう。

しかし、私は敢えてチャレンジするのだ!

・・・と、息巻いて見たは良いものの、ネットの電波がここまで届かないらしく、どうにも設定が完了しませんのでスゴスゴと退散を余儀なくされたというお粗末なお話。