ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

これは信念、それとも執念なのか。

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20191229201736j:plain

ひょっとすると、私は狂っているのかも知れません。

識者ならば絶対にしないと思います。いや、行ってはならないのです。

あっという間に葉は焼けただれ、一枚、また一枚と枯れ落ちていく・・・

それなのに、この常軌を逸した奇行を止めようとしないなんて。

www.logansewingschool.com

不足した日光を補う為の魔界光線、暗闇時間、気温、湿度、

風量、培養土の含水率、灌水頻度、そして、必要な栄養分。

一般論はありますけど、必ずしもそれが最適とは限らない。

これまで育ってきた環境からかけ離れた場合などは、特に。

 

現地では絶滅の危機に瀕している魔界植物。

f:id:presbyopia:20191229211257j:plain

少なくとも、私はコレっぽっちもふざけてはいません。

ブログの記事だからと言ってネタにしている訳でもないのです。

環境破壊や乱獲により圧倒的に絶対数が少なくなってしまった本種。

その希少な魔界植物を何としても後世に残さなければならない一心。

もはや愛情というより、決して絶やすまいとする焦りだと思います。

この狂気によってもたらされるものが・・・

悪い結果ならば一ヶ月後、良い結果ならば二十年後といったところでしょうか。