ローガンお裁縫教室

オヤジのオヤジによるオヤジのためのお裁縫教室

男の厨房

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20200328164922j:plain

賃貸アパートの台所だからと言って、諦めたくなかったのです。

料理をしていない時でも思わず足を踏み入れたくなる、そんな憩いの空間。

並べられた調理器具を目にするだけでお腹が満たされてしまう、夢のような場所。

まだまだ実現には程遠いですが、何となく、一つの方向性が見えてきました。

とりあえず、今回はその途中経過をご覧に入れましょう。

狭い流台をなるべく有効に使いたい。

f:id:presbyopia:20200328170341j:plain

基本的に賃貸アパートの台所って、とりあえず付けときました!みたいな感じ。

多分、本格的な料理をすることなんて、ハナから想定してないのだと思います。

私のお借りしているところはマシな部類でしょうけど、まぁ、使いづらいこと。

とにかく狭いし、収納場所も少ないというか、小さい。

なんちゃって戸棚に全部ブチ込もうたって、そうは問屋が卸さないのです。

なので、毎日使うモノは仕舞わずに出しておこう、と。

まだ多少ゴチャついていますが、使いやすく配置したつもり。

 

調理用家電は黒に統一

f:id:presbyopia:20200328172850j:plain

電子レンジ、冷蔵庫、トースター、コーヒーミル、コーヒーポット、ケトルは黒。

キッチンスケールやラック類はステンレス製のメタルチックなものをチョイス。

キャビネットはリビングと同様にダークウォールナット色の木製家具。

一応、自分なりに男らしさを醸し出そうと努力したのですが・・・。

ガスコンロ奥のこだわり

f:id:presbyopia:20200328173511j:plain

調味料と小道具はココに集約してあります。

台座が木製ということもあり、火災を心配して下さるご意見を多く頂きましたけど、

何と言っても一番のお気に入りポイントなので、撤去するのは忍びない・・・。

弱火で調理すれば火と台座の距離は保てるので、しばらくはチョロ火で調理します。

何らかのアイデアを思いついたら、その時は改造しようかなぁ、と。

www.logansewingschool.com

そんな男の厨房から眺める、男のリビング

f:id:presbyopia:20200328174445j:plain

急遽引っ越しすることとなり、今の場所に住みついて早五ヶ月。

もはや新居とは呼ばないでしょうが、ようやく生活が落ち着いてきた感じ。

これまでというもの、お裁縫教室とは名ばかりの豆大福ブログかと思いきや、

最近はもっぱらトマトケチャップに明け暮れてドン引きされる毎日。

www.logansewingschool.com

しかし、皆様。あくまで当ブログのメインコンテンツはお裁縫なのです。多分。

家電製品や家具もだいたい揃ったし、つ、ついに裁縫教室を開始する日が・・・

来る、のだろうか、でも、やっぱり来ないのだろうか、などと自問自答しつつ、

お料理教室のカウンターから見えるリビングをボケーっと眺める私なのでした。