ローガンお裁縫教室

オヤジのオヤジによるオヤジのためのお裁縫教室

かわゆい鍋

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20200423233751j:plain

こういう鍋を探していたのです。

ゆで卵1個ぐらいが丁度良い大きさのヤツを。

やっと見つけました。なかなか無いんですよね。12cm。

けれど、もし、2個食べたくなったら、どうしよう?

もうちょっと、大きい鍋。

f:id:presbyopia:20200423234018j:plain

一人分のお味噌汁を作りましょう。

パスタソースなんかも温めちゃう?

意外に重宝するのが14cm。

ところが、インスタントラーメンの麺はギリギリ・・・。

あともうちょっと、大きい鍋。

f:id:presbyopia:20200423235318j:plain

具沢山の豚汁ならコレが大活躍、って、一人前ですが。

あ、そうそう。レトルトパックなんかピッタリサイズ。

一人暮らしなら16cmだけで全てまかなえるような?

うーん、でも、二人となると、やっぱ小さいのかなぁ。

あともうちょっと、あとほんの少し。

f:id:presbyopia:20200424000014j:plain

パッと出してササッと作るのに相応しい18cm。

とりあえず、何でもこなせそうな感じ?

流石に麺類を茹でるのはキツイけど、

菜っぱ湯がく程度なら却って取り回しが楽チンでGOOD。

※一番手前は20cmです。

 

12、14、16、18、うぉりゃあー!

f:id:presbyopia:20200424000758j:plain

これをマトリョーシカと見るのか、

はたまた鍋タワーとするのかは自由です。

ちなみに『うぉ』が20cm。

でもって『りゃ』が22cm。

とどめの『あー』が24cm。

ゆえに、うぉりゃあー。

入れ子になるのがステキ過ぎます。

f:id:presbyopia:20200424001312j:plain

実に美しく、そして、かわゆい。

ヨイコラショと持ち上げたならば、案外かわゆくない重さにビックリするけど、

この地球上に作れぬ料理など存在しないのだ!と、思わせる安心感があります。

多分、一生もの、でしょう。

もう、鍋は、当分要らない。