ローガンお裁縫教室

オヤジのオヤジによるオヤジのためのお裁縫教室

Let it be

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20201102214305j:plain

とある孤独な男が激務に疲れ果てて帰宅した時のコトです。

静寂と暗闇が支配する空間から兎にも角にも逃れたくて、

灯りを求め、両手でまさぐるように探しつつ、

もがき(空腹に)

苦しみ(机に足の小指がぶつかって)

これだ!っと思ったら、

違うスイッチだったという・・・。

そんなこんなを繰り返し、

いつしか絶望の淵に追いやられたとしても、

どこからともなく一条の光が目の前に現れ、

私の進むべき道を示して下さるのです。

今回は便宜上、灯りは二つですけれど。

さぁ、選びなさい。

f:id:presbyopia:20201102220241j:plain

『これらの機能は全く同じ。

どちらを手にするかは、貴方の自由です。

思うがままに、なすがままに・・・。』

と、呼びかける声が、聞こえたような、聞こえなかったような。

じゃあ遠慮なく、コチラを。

f:id:presbyopia:20201102220645j:plain

絶対に迷いません。

ソッコーです。

すぐさま、ぐわしと握り締めました。

これこそが・・・

私と、この魔光サーベルが出会ったエピソード。