ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

OPINEL

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190623133143j:plain

限定品と言う響きにはどうしても弱いらしく、使う予定もないクセに何故か手に入れたくなるのです。でもまぁ、買ってしまったことを後悔するよりも、欲しくなった時に買えない状況となっていたほうが絶対悔やむハズですし、実際にそんな経験も沢山してきました。

そんな中、上の画像はフランスで120年もの歴史を刻んできた老舗ナイフメーカーであるOPINEL製の数量限定セット。案の定、2019年6月現在では手に入れることが非常に困難となっているようです。

という訳で、コレも入手しておいて正解だったと信じたいのです、が。

 別名:グラナディラ

f:id:presbyopia:20190623161003j:plain

それで何が特別かと申しますれば、ナイフのハンドル材がエボニーである、とされていること。けれども、私の拙い知識と経験上、恐らくコレはエボニーではなく、アフリカン・ブラックウッドではないかと思います。

黒檀の和名で知られているエボニーはカキノキ科ですが、コチラはアフリカ黒檀と呼ばれることが多いマメ科の一種。楽器にお詳しい方にとっては、グラナディラと言ったほうが馴染み深いのかも知れませんけど。

そんなこんなで私もてっきり黒檀だと信じ込んで購入したのに、いざ蓋を開けて見たらこの始末。どちらも希少材であることには違いありませんが、正直ガッカリしました。

それならそうと最初からハッキリ言ってくれれば良かったのですが、その辺はアバウトなお国柄なのでしょうかね、フランスって。

あ、奥に見えているランプも、一応このセットでしか手に入らないお品。

www.logansewingschool.com

 

ドイツ・フランス協力統合条約?

f:id:presbyopia:20190623162833j:plain

私の大好物であるライ麦パンを切り分ける際、このナイフを用いればグッと雰囲気が良くなります。こと切りやすさに関しては専用のパン切り包丁には敵いませんが、言葉で言い表せないプライスレスな部分が存在するのは間違いありません。

ですが、それだけの為にお金を掛けるかどうかは人それぞれ。

ちなみにこのライ麦パン、昨日買ってきたヤツですが・・・。

www.logansewingschool.com

私が選ぶ『ライ麦パン・ランキングTOP10』に間違いなくランクインする美味しさ。

その名は、フォルコンブロート。

何やら必殺技のようなネーミングですが、確かに物凄い破壊力でした。

なるほど、ドイツとフランスが共同で軍事契約を締結したとは聞いておりましたけど、まさかナイフとパンで攻撃を仕掛けてくるとは。

オピネルリミテッドナイフ・フォルコンブロート!

一撃でやられちゃいますね、きっと。