ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

衣替えの季節

スポンサーリンク

カツと言えばトンカツ、フライは揚げ物全般のイメージ(個人的意見)

f:id:presbyopia:20190923201625j:plain

材料に小麦粉をはたき、それから溶いた卵につけ、最後はパン粉がまぶされます。

ちなみに、肉類の場合をカツ、野菜や魚介をフライ、と呼び分けるらしいですが。

カツはフランス語のカツレツ、フライは英語、などとも言われているようでして。

まぁ、諸説あるみたいですけど、恐らくハッキリとした決まりは無いのでしょう。

語源はポルトガル語で調理を意味する『tempero』

f:id:presbyopia:20190923203456j:plain

漢字では天麩羅とか天婦羅と書きますけど、違和感がありました。

かろうじて、『麩』については小麦粉を連想させる雰囲気ですが、

『天』も『羅』も油で揚げる調理法との関連性は感じられません。

元々が外来語であり、テンプラの当て字であるとするならば納得。

 

フライもテンプラも『衣』には違いありません。

f:id:presbyopia:20190923205819j:plain

どちらも大好きなだけに決めかねますが、今回はイカ天にいたしました。

思えばずっとイカフライ続きでしたから、ボチボチ変え時だったのです。

季節は全く関係のないお話となってしまいますが、私にとっては衣替え。

確かに言葉の上では成立しておりますけど、皆様イカがなものでしょう。