ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

塩あんびん

f:id:presbyopia:20190414142608j:plain

皆様、まずは真っ白なお餅に包まれた中身をご覧下さい。何の変哲もない餡子の様に見えますが、コレ、甘さ控えめどころか、砂糖のサも字も感じさせない見事なまでの塩味っぷり。つまり、単なる小豆の塩ゆでを潰したもの、と言った方が正しいかも知れません。毎度食べ慣れた大福だと思ってカブりつくと、一瞬何が起きたのか理解に苦しむでしょう。そんな甘くも何ともない奇妙なスイーツ、お召し上がりになったことは御座いますか?

そうです。これが東京都民をして「そのへんの草でも食わせておけ!」と言わしめた、あの埼玉県民の中でも極々一部の者しか知らない、その名も『塩あんびん』と呼ばれる食べ物なのです。

 

f:id:presbyopia:20190414112218j:plain

ちなみに、切る前はこんな感じ。当然、怪しげな雰囲気は微塵もありません。フツーに美味そうだなぁと思う訳です。しかも、餅粉でこしらえたのではなく、蒸かした餅米を臼と杵で突いた本当のお餅だということは、持った瞬間にすぐ分かります。だからこそ余計期待してしまうんですよ。この腰のあるお餅に負けないような、ドッシリとした甘さが口一杯に広がることを。

 

f:id:presbyopia:20190414151052j:plain

砂糖、もしくは砂糖醤油を付けて食べるのが御当地流。私も実際試してみましたが、悪くはありませんでした。でも、やっぱり餡子とは似ても似つかぬ味。何故ならば『小豆の塩ゆで』って、結構青臭いんです。どんなにタップリの砂糖をまぶしても誤魔化せないかも知れない、そう感じさせるくらいクセが強い。正直、これは好き嫌いがハッキリ分かれるでしょうね。

でも、私思うんです。これをお菓子に区分しようとするから『臭い』などとネガティブな言葉を使ってしまうのだと。そうじゃない、これは小豆独特の香り。この風味を楽しまずして、『塩あんびん』を語ってはイケないのです。だから私は敢えて砂糖に頼らず、小豆本来の持ち味を活かせるようゴマ塩をチョイスしました。『もち米』『小豆』『ゴマ塩』の組み合わせ・・・そう、『お赤飯』がヒントになったのは言うまでもありません。この三つが口の中で混然一体となれば、きっとウキウキするようなお目出度い気持ちになれるハズ。やったぜベイベー。

そんな期待に満ち溢れながら何度も咀嚼を繰り返しますが、何時まで経っても思い描く味に到達する気配はありません・・・。

しばらく目を瞑った後、口の中のモノをやっとの思いで飲み込みます。

何となく、東京都民の気持ちが分かったような分からないような?