ローガンお裁縫教室

オヤジのオヤジによるオヤジのためのお裁縫教室

ご飯の量を減らす作戦

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20200412105229j:plain

右側の飯碗とは、かれこれ十年以上のお付き合いとなります。

今はこんなオヤジだけど、十年前はとりあえず三十代だったこともあり、

そりゃあ、もう、しこたま食べてました。よって、当然うつわも大きい。

改めて測ってみたら、何と直径14cm。

ここまでくると、飯碗というよりちょっとしたドンブリです。

しかし、あと数年も経てば五十代に突入する立場であるにも関わらず、

なんのこれしき、まだまだ若いヤツらには負けられんわい!

・・・みたいな意地を張ってる場合では無いことぐらい分かっています。

と、いうワケで、この度、左の飯碗へ変更する運びとなりました。

ものすごくお気に入りの飯碗だけに随分と迷いましたが、

大きい飯碗だと無意識のうちに多くよそってしまうから。

www.logansewingschool.com

※上の記事において器が経時変化することは無いと言及しておりますけど、シミや摩耗などによってその表情は違ってくるので、うつわの物性が不変であるとするのは早計だったかも知れません。だって、確かにうつわは育つのですから。

 

苔むした、うつわ。

f:id:presbyopia:20200412111216j:plain

直径11cm ほどの小ぶりなサイズですが、存在感は抜群。

玄米もち麦納豆ご飯が実に映えそうな雰囲気を醸し出しております。

www.logansewingschool.com

けれど、それより梅干しご飯のほうがベストマッチかも。色合い的に。

あいにく白米も梅干しも切らしているのが残念でなりません。

・・・それについては、いずれ。

緑の野菜を摂取した気分にさせる、深緑。

f:id:presbyopia:20200412112608j:plain

ブロッコリー色というか、ホウレン草色というか。

野菜を食べていなくとも食べた気にさせる、魔法のうつわ。

最近、緑が足りてないよなぁ・・・知らずの、うつわ。

つーか、黄色も映えそう。

閑話休題

f:id:presbyopia:20200412215021j:plain

ご飯の量を減らすには飯碗を小さくすれば良い。

というのは広く世間に知れ渡っている常套手段。

ぶっちゃけ私にとっては初めての試みですけれど、

多分、上手く行くでしょうし、

ご飯も美味くなると思います。

そして、最後は落ちそうな場所での画像を掲載しつつ、

このお話にオチは御座いませんのであしからず。

いつものごとく、なんてことはない、単なるうつわ自慢でした。

・・・って、うわっ!おっととととっと!!

なーんちゃっとえ。