ローガンお裁縫教室

オヤジのオヤジによるオヤジのためのお裁縫教室

豚汁慕情

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20200412192851j:plain

ひょっとして、少数派なのでしょうか。

関東に移り住んで三十年近く経ちましたけど、

酒粕入りの豚汁、ずっと食べてなかったような・・・?

お店でも、自宅でも。

豚汁十色。

f:id:presbyopia:20200412193535j:plain

母が作ってくれた味、たしかこんな感じの具材だったと思います。

まぁ、ゴボウやら大根やらが足りないだの、

おいおい、コンニャクはどうした!?とか、

長ネギじゃなければダメだよ!!みたいに、

色々とご意見は御座いましょう。

・・・でも、良いじゃないですか。

豚肉さえ入っていれば。

ゴマ油で炒めるべし。

f:id:presbyopia:20200412194910j:plain

ぷ〜ん、と、あたりに良い香りがたち込めます。

それもそのはず。なんと換気扇がOFFでした。

ジャー、って、鍋底から大音量が聞こえてくる前だったので、ぎりぎりセーフ。

・・・か、どうかは、明日の朝に分かるのです。

ゴマの香りで目が覚めるのも悪くありませんが。

開けゴマ!みたいで。

 

アクはゴマかせない。

f:id:presbyopia:20200412195658j:plain

ゴマは見逃したとしても、アクだけは決して許しません。

どちらかと言えば、絶対にアク側の人間ではありますが、

それとこれとは話が別なのです。

こんなの、スクって、捨てます。

私も、すくって、欲しいけれど。

いちか、ななか。

f:id:presbyopia:20200412200320j:plain

私は七味をふりかける人。

何故ならば、先ほど悪の一味を成敗したから、ではなく、

一よりも七の方が何やら沢山入っててお得感満載なので。

本当にそんな理由だから笑っちゃいますよね。

でも、美味しくなるのだから、一か八か迷う必要はありません。

つまり、いち、と、なな、の、どちらを選んでも正義の味方。

バチは当たらないのです。

・・・などと、もはや救いようがありませんから、

さめてしまう前にサッサと食べちゃいましょう。