ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

間違いの無い進物

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190910210330j:plain

はい、ローガンさんの分♡

そんな甘い言葉と共に手渡されたのは、夜の梅。

※実際は、ポツンとキーボードの上に置かれていました。

切り口の小豆の粒が、夜の闇にほの白く咲く梅の花を思わせることに由来します。

と、箱の裏に説明が書いてある、あの『とらや』を代表する羊羹に他なりません。

こんな素晴らしい進物、余程出来る御仁なのだろうなぁ、などと感慨にふける私。

最早、仕事なんて手につくものですか。絶対に夜の闇まで持つワケが無いのです。

まるでアメリカのビジネスマンがデスク上に家族写真を飾るかの如き状態でした。

ねぇ、ローガンさん、そこに写ってる方はどなたですの?

あぁ、そう言えば、まだ紹介していなかったですよねえ。

我ながら逞しい想像力でおやつタイムを待ちわびつつも、

10分程パソコンをカチカチやってはチラチラの繰り返し。

・・・まぁ、私の午後なんて、こんな程度のお仕事です。

間違いだらけのオヤジですが、羊羹に罪は御座いません。