ローガンお裁縫教室

自分好みの布小物制作や古着のリメイクをしてみたい。老眼ですけど。

親から子へ

スポンサーリンク

f:id:presbyopia:20190729225018j:plain

一年に一度だけ、恭しく木箱から出される漆黒の器。

そこには渦を巻いた蒲鉾と程良い焼き目の切餅が盛られ、甘海老の出汁に薄口醤油で味付けした吸い地を張ったならば、あとは三つ葉と柚子を添えるだけ。

無地の器と同様、一切の飾り気は無し。

椀と共に伝承されし、和尚が二人の際に食す、二頭の象。

まぁ、いっぺん食べて見られ。

※故郷の方言で『一度食べて見て下さい』と言う意味